東京で有名な紅葉狩りの名所って?

東京で有名な紅葉狩りの名所って?

東京の人気紅葉スポットとして外せないのが、港区の「明治神宮外苑」です。
黄金色に染まったイチョウ並木のトンネルは、都心における秋の風物詩とも言われています。
色づき始める11月中旬から見頃を迎える12月上旬まで、多くの人々がこの黄金色のイチョウ並木を楽しみに訪れます。
また、イチョウの葉が落ち始めると歩道は黄色い絨毯で一面覆われ、都内とは思えない幻想的な空間を作り上げます。
立川市にある「国営昭和記念公園」は、イチョウ並木でも有名な広大な敷地の公園です。
アーケード状のイチョウ並木は、色づく季節になると全体が黄金色に輝き、その美しさに誰もが足を止めて見とれてしまう程です。
そんな昭和記念公園には、実は紅葉も多く植えられています。
特に、風情のある景観の日本庭園の中には紅葉類が約300本も植栽されていて、お茶をいただきながらゆっくりと紅葉を楽しむ事が出来るようになっているのです。
例年、紅葉祭りも開催されていますので、一度足を運んでみては如何でしょうか。
奥多摩町の「奥多摩湖周辺」もまた、紅葉狩りにお勧めのスポットです。
カエデ、イチョウ、ケヤキ、カツラの樹木等が紅葉し、訪れる人々の目を楽しませてくれます。
湖畔にある遊歩道から周りの山並みを見上げると、その色合いを堪能出来るでしょう。
また、奥多摩駅から整備されている遊歩道を歩けば、美しい紅葉と同時に清流の魅力も満喫出来ますよ。