北海道の紅葉狩りの名所って?

北海道の紅葉狩りの名所って?

秋になると紅葉狩りのシーズンです。
北海道の紅葉狩りの名所をいくつか紹介したいと思います。

 

●大雪山国立公園
標高2000mの山々がそびえる北海道中部の国立公園です。
カエデやナナカマドが主な種類です。
黒岳は最も早い紅葉を堪能することができます。
大雪山の紅葉は、目を見張るほどの美しさです。
5合目くらいまではロープウェイを使って行くことができます。

 

●知床峠
紅葉は10月下旬頃までが見頃です。
モミジ・ナナカマド・カエデ・キハダ・ミズナラなどを見ることができます。
知床半島の峠を上がるにつれて彩りの変化を楽しむことが出来ます。
遊歩道を散策するのも楽しいです。
オホーツク海とのコントラストも美しいです。

 

●大沼国定公園
紅葉の見所は大沼湖周辺です。
カエデ・カシワ・ナラなどの紅葉を見ることができます。
散策路を使って、のんびりと景色を楽しむことが出来ます。
小沼、じゅんさい湖などの見どころがあります。

 

●屈斜路湖畔
沿岸に温泉街やキャンプ場もある広大な美しいカルデラ湖です。
ナナカマド・カエデ・ヤマウルシなどの紅葉を見ることができます。

 

●定山峡
カエデ・ナナカマド・ウルシ・サクラ・ミズナラ・シラカンバなど様々な木の紅葉を見ることができます。
全体的に紅葉の名所であると言っても過言ではないぐらいです。
かっぱ淵の二見吊り橋からいこい橋あたりが、特に美しいようです。
散策路を歩いて紅葉を楽しむことができます。